クメールの探求

プリア ヴィヒア州のお話  NO20



コーケー様式 プラサート ニンプオン

 次に 戻る


NO1


プラサート ニンプオン

三基のレンガ造りの伺堂

まだ 密林の中に埋もれています




この寺院は三基の伺堂
二基の経蔵
周壁などがあり

藪ではっきり見えませんが
バライもあります

人里から離れたこの地


なぜ そこにクメール寺院が
あるのでしょう?

まだ 付近に2基 寺院が
ありますが
NO2


プラサート ニンプオン


オートバイドライバーが
見る 伺堂


全く人家も水田も無いところを
オートバイで30分ほどの所に
この寺院があります

カンボジアのプリア ヴィヒア州に
この様な密林の中にある
寺院は多くありますが


時々 人が山菜や猪などを
捕獲するため入り込みます

NO3


プラサート ニンプオン



周壁は三角状で
10世紀の周壁では
NO4


リンテルの一部
コーケー様式では
NO5


小側柱の一部
コーケー様式では
参考


GPSでのプラサート ニンプオンの
位置

コーケーの部落から約56KM

クレーンに部落から約9KMの
密林の中にある寺院です


この付近 電気はありません

しかし 電波はあります

急激な携帯電話の増加で
人のみで組み立てられる
電波塔が立ち
電波が通るようになりました


  次に   ホームに