クメールの探求

プリア ヴィヒア州のお話  NO5

プリア ヴィヒア  NO1

 次に  戻る



これからはプリア ヴィヒア州にある クメール寺院を訪ねてみましょう

NO1


カンボジア側から見た
プリア ヴィヒア

山頂から緩やかに
下り 画像の ほぼ
中間 凹んだ所が
プリア ヴィヒアの
入り口で 左側の
緩やかな坂を登ると
山頂に中央伺堂があります

又 入り口から
右に50Mで
タイとの国境



画像 右側の平坦部は
タイ側です

画像  中央の凹んだ所が
国境です
NO2


カンボジア側から見た
プリア ヴィヒア

寺院の一部が見えます




三角のものが二つ
それは
寺院の破風飾り
NO3


カンボジアの東側から
プリア ヴィヒアを見ますと
ピラミット型をしています

クメールは約30件ほどの
山岳寺院が造られ
山頂 また 中腹に寺院が
造られています

このプリア ヴィヒアも
この様にカンボジア側から見ると
ピラミット型をしているので
その山頂に寺院が造られたのでは


又 この先に参道があり
麓から山頂まで参道が
続いています
NO4


タイ側から見た
プリア ヴィヒア

カンボジア側を監視する
タイの兵士


この兵士の横に
500mmの望遠があります

カンボジアの軍の監視を
行っています

タイの国旗の先が
国境

画面 上にプリア ヴィヒアが
見えます
NO5


タイ側から見た
プリア ヴィヒア

画像にプリア ヴィヒアの
参道とリンガ塔が
見えます

カメラは
125mmの望遠で
写しましたが

タイの軍の500mm望遠で
見ると
 一人 一人が
はっきりと見え

もし 500mmに
銃が取り付けられていたら



あのリンガ塔が見える所は
参道
何回も通った所です
NO6


カンボジア側の
プリア ヴィヒア

参道に警備している
兵士

幸い この参道の所は
タイ側から見えない所でした
NO7


山頂の伺堂の回廊の先に
見えるテント


誰が住んで居るのでしょうか?

NO8


上空 43.700Mから見た
プリア ヴィヒア

画像下部は カンボジア側

上部はタイ側


黄色い線が国境

赤線が 国境未定の
紛争地


タイ側の 少しプリア ヴィヒアから離れた所に タイの陣地があり 大勢のタイ兵士が居ました 兵士の多くが20歳前後

カンボジア側の最前線の兵士は タイと違い若い兵士ではありませんが 皆 経験に少ない兵士が多い感じでした

共に 最前線の兵士は それなりに意味があると感じましたが

カンボジア タイ 紛争地の最前線 そこに観光客が入れる これ 面白いのでは



  次に   ホームに